もし、借金を債務を整理で処分したのなら、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが不可能になります。こうしたブラックの状態は、どのような債務整理をしたかで解除されるまでの時間が変わります。
とはいえ、定期的な収入があり、同じ会社に勤め続けているならば、独自の審査基準をもつ業者ならキャッシングも可能かもしれません。

任意整理をした人であればこの可能性が高いです。

さらに、個人再生、自己破産の順で可能性が低くなっていきます。保証人がついた借金の場合は、保証人は債務整理が行なわれると影響をうけます。借りたお金の整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、たとえば任意整理や特定調停だったならば書類の記入をして貰うことにはなるものの、保証人が借金の取りたてをうける事はありません。
一方、個人再生や自己破産の時は、保証人に対して債権者から直接請求が可能なようになるため、借入金のすべての支払いを保証人が肩換りしなければなりません。
債務を整理したことは、会社に内密にしておきたいものです。

職場に連絡されることはございませんので、気づかれることはないです。

ただし、官報にけい載されてしまうケースもあると思いますので、見ている人がいる場合、知られるかもしれません。

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。
たとえば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

そして個人再生をおこなう場合は、原則として解約する必要はないものの、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

これが任意整理となると、解約をもとめられることもなく、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。
借金地獄で死にたいです