クレジットカードを発行する際、どの会社に申し込んでも必ず審査が行われています。つまり、新しいクレジットカードを必要としている人は、クレジットカード会社に申し込んで審査をうけることになります。月々の収入や、年齢、勤務先から、どの程度お金を返す能力を持っているかを、クレジットカード会社は見極めます。審査においては、年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模、年収、家族構成など様々な項目についても行われます。審査では、スコアリングという情報を点数化して評価する方法が用いられており、速やかに審査をします。クレジットカード会社を大別すると、銀行系、流通系、信販系があり、審査基準や、金利面の特徴を持っています。一般に銀行と信販系のクレジットカード会社は審査が厳しく、流通系は主婦やフリーターでも通りやすい傾向にあります。借りたお金を真面目に返済していると、少しずつ信用が高くなり、利用限度額の引き上げも可能になります。もしも、今まで借りたお金の返済を滞らせたり、債務整理をするなどしていると、クレジットカードの審査を受けても通らなくなってしまいます。個人信用情報には、ローンやキャッシング履歴や支払い状況などがデータとして収集されており、5年間は記録が残るようになっています。今までローンやキャッシングを使った時に、返済をしていれば実績になりますが、返済が期日通りにできていないと返済のできない人と思われるわけです。審査を通らない理由に、申し込み書に事実と異なる記載があった時も含まれますので、記入ミスがないように、しっかり書いてください。